原付を廃車にする時はどうしたらいいのでしょうか?

原付を廃車にする時はどうしたらいいのでしょうか?

原付、つまり百二十五cc以下の原付バイクを廃車にする時には、先ず、ナンバープレートを外す必要があります。
それは、廃車にする為にナンバープレートが必要になるので、業者に頼まずとも、自分で外せば事足ります。

大まかな流れとしてはナンバープレートを外した後に管轄する市区町村の役所等で手続きを行った後に、解体業者等にスクラップをして貰うと言うもので、ナンバープレートの取り外しは自分で行うのが多いようです。
多くの場合はドライバー等で外す事が出来ますので、女性の場合でも簡単に出来ると言えます。

原付のバイクを廃車にする時の手続き方法

先にも触れたようにナンバープレートを外します。
そのナンバープレートを持って役所に行き、手続きをします。

手続きと言っても、必要書類を持って市区町村の役所へ提出するだけです。
必要な書類は次の通りでこの手順で進めば問題ありません。
・廃車申告書(各市町村の役所にあります)
・印鑑(認めでOK)
・ナンバープレートの返納
・廃車証を受け取る

その後、自分で解体業者を探し、スクラップしてもらいます。
ここで、自分でスクラップするのに、解体業者を探す事が困難な場合には、購入したお店に相談すると良いでしょう。
原付を買ったお店でスクラップはしてくれなくても、解体業者を紹介してもらえる可能性があります。

紹介してもらえれば、自分で業者を探す手間も省けますし、業者間のコミュニケーションも取れますので、良い関係を保てるでしょう。

廃車証明書(廃車証)は大切に保管する事

廃車証明書は、自分の原付を廃車にすると発行されますが、これは大切に保管する事がおすすめです。
廃車の手続きが完了したと言う証明であると共に、次に原付に乗る時、再登録をする際に必要になるものです。

無い場合はまた別の手続きが必要になりますので、しばらく原付には乗らないにしても万が一に備えて大切に保管しておく事が良いでしょう。