廃車手続きを自分でやらない場合には委任状が必要です

廃車手続きは自分で行うこともできます

廃車手続きは解体作業以外のところに関しては自力で行うことは十分に可能です。
さすがに解体は自分でしても後処理も大変ですし知識も力も必要ですからやめておいたほうが無難でしょう。
また、自分でできるところをすべて自分ですることで、車両処分費用以外は0円で済ませることもできますから、有効な節約手段なのです。
とはいえ、普通車ではいろいろと準備した後で陸運局に行くなどと面倒なこともありますから、多くの方が自分でなさるのではなく業者に依頼されるのでしょう。

廃車手続きを他人に依頼する場合には委任状が必要です

廃車手続きをご自身でされるのではない場合には、業者であっても「委任状」というものが必要になります。
これは決まった用紙があるわけではありませんから、ご自身でレイアウトを用意されてもよいですし、業者で用意されたものに記入するだけでも構いません。

記載する内容としては「実際に廃車手続きをしに行く人の名前と住所」「抹消登録を依頼する旨を記載」「車体番号」「所有者の氏名、住所、そして実印」「記載した年月日」は記載しておく必要があります。

委任状に不備があると、さらに廃車するのに期間がかかってしまうこともあるので、よくチェックしてから依頼する方に渡されるのが良いでしょう。

また業者ではなく、ご家族やご友人、ご親戚に依頼する場合でも同様に委任状を準備してお願いするようにしてください。